古事記・八百万の神浮世絵ミュージアムオープン

  • HOME »
  • 古事記・八百万の神浮世絵ミュージアムオープン

【分かりやすく動画で解説】

大分県日田市豆田町に日本神話、古事記を学べる新名所オープンしました。

 

天領の街、日田市に古事記・八百万の神浮世絵ミュージアムがオープンしました。

 

日田市と言えばかつての天領の街。

 

特に観光スポットの人気が豆田町は歴史的建造物が立ち並ぶ町並み。

 

2004年には豆田地区が重要伝統的建造物群保存地区に選定され、天領時代の商家や土蔵などが多く残されています。 image

江戸時代から大正時代にタイムスリップしたようなレトロな空間が体験できます。

 

お土産屋さんも多数並び、年間470万人の観光客が訪れます。

 

また、日田と言えば水の街。

 

日田のもう一つの見所は屋形船。 image

この豆田町に日本神話を学べる新しい観光スポットとして古事記・八百万の神浮世絵ミュージアムがオープンした。 image

日本の成り立ち、営み、その礎となった精神が詰め込まれている日本神話古事記。

 

世界の国々に様々な神話があるように、我が国日本にも神話が存在します。

 

西洋にはアダムとイブ、ノアの箱舟、そして我が国日本には【古事記】があります。

 

古事記には、様々な神々が力を合わせ、国を作り、神を作り、地上を統治する話が描かれています。

 

また、そこに描かれる神々は、我々と同じ様に、誤解や嫉妬、様々な憎悪に悩ませられながら、怒り、苦しみ、悲しみ、それを乗り越えこの国を作って来ました。

 

その経験は、現代の我々の精神に、大きな影響を与え、そこに日本人らしさが生まれています。

 

ここ、古事記・八百万の神浮世絵ミュージアムでは、浮世絵の絵師による八百万の神の絵とパネルによる古事記の説明。 image image image image

また、それぞれの八百万の神のアニメーション映像を設置しております。

さらに、小さな子供でも簡単に学べる紙芝居のアニメーション映像をたぶれっとにてご観覧出来るようになっております。

多くのお子様がかじりつくようにアニメーションを見ている姿はビックリさせられます。

 

館内一階には、八百万の神グッズも多数揃えています。 image image image

浮世絵とアニメーション映像、パネルによる最高のエンターテイメントでお迎えいたします。

 

是非、一度お立ち寄りください。

 

1階:ご利益本舗萬屋

2階:古事記・八百万の神浮世絵ミュージアム

場所:大分県日田市豆田町9-31

時間:10:00〜17:00

ミュージアム入場料 無料

ミュージアムポスター2

八百万の神ミュージアム