宗像三女神

image
御購入はこちら
御購入はこちら

【分かりやすく動画で解説】

【外交の要を託された美人姉妹】

宗像三女神はスサノオとアマテラスが誓約の際、アマテラスがスサノオの剣をかじり息を吹きかけ生まれた神様であり、スサノオの子とされる。

宗像大社の祭神として祀られ、宮島の巌島神社にも宗像三女神が祭神として祀られている。

宗像三女神は長女にタゴリヒメ、次女タギツヒメ、三女イチキシマヒメと呼び、三姉妹とも大変美人な姉妹でここから美人三姉妹という言葉が生まれたのかもしれない。

この三姉妹のなかでもとりわけ美人だったのがイチキシマヒメ。

イチキシマヒメは美人で水の神様だったことから、インドの神様、弁天様と同一化された。

また、アマテラスから直接神勅を受け降臨した神はニニギと宗像三女神だけである。

それほど特別な神様だと言える。

アマテラスは宗像三女神に「宗像地方から朝鮮半島や支那大陸へつながる海の道を守り、歴代の天皇をお助けすると共に歴代の天皇から篤いお祭りを受けられよ」と命じ宗方の地に降臨させた。

宗像三女神は朝鮮半島に向け宗像大社から並ぶ島にそれぞれ鎮座し、海を見守っている。

三女であるイチキシマヒメ宗像大社内の辺津宮、次女であるタギツヒメは宗像から沖に出た大島の中津宮、長女のタゴリヒメはさらに沖にある沖ノ島の沖津宮に鎮座する。

タゴリヒメが鎮座する沖津宮のある沖ノ島は、島そのものがご神体であり、禁忌がある。

沖ノ島には沖津宮に駐在する宮司がたった一人。

一般人が上陸出来るのは年に一度だけ。

一般人から限定200人が選ばれる。

但し、女人禁制で脚を踏み入れることはできない。

その理由はタゴリヒメが嫉妬深いと言う説がある。


上陸するときは全裸になり海中で穢れを祓う「禊」をしなければならない。

また、島から木や草、石のひとつも持ち出してはいけない。

女人禁制、島内で四つ足の動物をたべてはいけないなど。

また、沖ノ島で見聞きしたことを口外してはならない。

現在でもなお守り続けられている。 ニニギは国内を固め、宗像三女神は外敵から守る。

まさにニニギが国内を統治し繁栄させる繁栄の神。

宗像三女神は外敵から守り平和を保つ平和の神とも言える。

一見、成果を上げたものだけに目を奪われがちだが、嵐が来ると矢面に立ち、守り抜くものがいる。

普段はじっとして動かないが、いざとなったら命懸けで体を張る。

そんな人がいるはずです。

行動とは動くことだと思われがちだが、動かないという行動もある。

その動かない行動のために、動くことを犠牲にしている。

沖ノ島に鎮座するタゴリヒメもそうである。

アマテラスの命を受け、生涯独身を通した。

タゴリヒメは結婚するという行動を犠牲にして、ジッと沖を見つめるという大役を全うしているのである。

決して、陽が当たることはない。

陽が当たるときはとんでもない問題を抱えた時である。

誰に評価されることもなく、役割を全うする。

イチキシマヒメはオオクニヌシの妻となったが、それは宗像三女神を代表した結びつきではなかったのだろうか?

私を捨て公に生きる。

公に生きた神様ほど尊く、位の高い神様だと言える。

なぜアマテラスが宗像三女神とニニギにだけに神勅を出したのか?

その訳が分かるような気がする。

【和魂】見守る『使命を全うしましょう』

動かずともあなたの決意が多くの人に安堵感を与え、穏やかな日々を過ごすことが出来ます。
今は見守る時です。
動くことだけが行動だと思われがちですが、動かないと言う行動もあるのです。
今は、自分に与えられた役割、使命に集中し全うしましょう。

【荒魂】揺るがない決意『決意を貫きましょう』

一人で荷を背負うのではなく、信頼の置ける人と分業しましょう。
勢いで行動することも大切ですが、冷静に判断することも大切です。
分業する事でバランスが整いそれぞれの良さを発揮できます。

【神格】

海の神、航海の神

【御利益】

海上安全、豊漁、交通安全、商売繁盛、芸能上達

【別称】

宗像三神(ムナカタサンシン)

【系譜】

アマテラスとスサノオの誓約(うけひ)によって生まれた神

【祀られている神社】

宗像大社 厳島神社 江島神社 松尾大社 石神神社

御購入はこちら
御購入はこちら
御購入はこちら
御購入はこちら

八百万の神ミュージアム