天手力男命

image
御購入はこちら
御購入はこちら

【分かりやすく動画で解説】

【力みなぎる怪力の神】

アメノタヂカラオは、高天原(天界)で最も力が強い神様。

有名なのは「天岩戸」で活躍した話。

アマテラスが天岩戸に引き籠って、高天原が闇に閉ざされた際、困り果てた八百万の神の代表として、神々が集まり会議をした八百万の神の中の重鎮の一人である。

八百万の神の怪力大臣。

天岩戸に引き籠っているアマテラスを外に出させるために、神々は次のような作戦に出た。

アマテラスによく似た神様で、アマテラスよりも尊い神様が現れた!」そのことを祝って、神々は一斉にドンチャン騒ぎをする。

その時に裸踊りをして場を盛り上げたのがアメノウズメ

アマテラスは外の様子が気になって、岩戸を少し開けて覗いてみると、そこには自分によく似た神様がいた。

鏡に映る自分の姿だとは気づかないアマテラスは、もっとよく見てみたいと思い、さらに一歩踏み出した。

そこに、タヂカラオがアマテラスの腕を引いて、外に出し、岩に縄を締めて二度と入れないようにした。

その時に投げ飛ばした岩の扉は、日向から信濃国戸隠山に落ちたという説もある。

この時の縄が、現在神社にある「しめ縄」となった。アマテラスを映した鏡が三種の神器の一つ「八咫鏡(やたかがみ)」である。

その後、アマテラスから葦原中国(地上)を統治するよう命じられたニニギが、高天原(天界)から葦原中国に天孫降臨する際、共に降臨し、葦原中国を開拓した。

また、ヤマトヒメノミコト(倭姫命)がアマテラスを奉斎する場所を探している時、8年間長谷山口坐神社(元伊勢)に祀る際に、随神としてタヂカラオを鎮座させた。

タヂカラオは、伊勢神宮皇大神宮(内宮)に相殿神として祀られている。

伊勢神宮の古材の払い下げを受けて、社殿が造り替えられるなど、伊勢神宮との関連の深い神社である。

怪力を持つというイメージのあるタヂカラオは、昔から人々に人気があり、各地にタヂカラオが登場する神楽が伝わる。

その剛力から、タヂカラオは、力の神、スポーツの神として知られ、多くのスポーツ選手が所縁の神社へ足を運んでいる。

【和魂】思うままに『あなたの出番です』

後先考えずに多少強引と思えるくらい、持てる力を発揮する時です。
あなたに期待が寄せられています。
力を合わせて行なってきた事がいよいよ形になり見えてきました。
最終的に仕上げるのはあなたです。
自分の力を信じてください。

【荒魂】凡事徹底『日々の生活を見直そう』

得意分野をさらに磨くか、苦手なところを補うか、真価が問われています。
先ずは周りに信頼されるよう、日々の生活の中で示していく事が先決です。
信頼を得ることで、事は前に進むでしょう。

【神格】

力の神、技芸、タジカラオ

【御利益】

技芸上達、スポーツ向上、家内安全、開運招福、厄除け、五穀豊穣

【別称】

天手力男神(アメノタジカラオノカミ)、天手力雄命(アメノタジカラオノミコト)

【系譜】

不明

【祀られている神社】

  • ・戸隠神社(長野県長野市)
    ・佐那神社(三重県多気郡多気町)
    ・白井神社(兵庫県尼崎子穴太)
    ・湯島天満宮(東京都文京区湯島)
    ・雄山神社(富山県中新川郡立山町)
    ・石刀神社(愛知県一宮市)
    ・船橋大神宮(千葉県船橋市宮本)
    ・安賀田神社(宮崎県延岡市)
    ・戸明神社(福岡県北九州市)
    ・各地の手力雄神社(千葉県・岐阜県)
御購入はこちら
御購入はこちら
御購入はこちら
御購入はこちら

八百万の神ミュージアム